2016年9月2日金曜日

御成教室より 9月のお知らせ


こんにちは。
TASUC御成教室の大久保直子です。

教室のウエルカムボードで、9月のお知らせを更新しました。
このウエルカムボードは、スタッフの西澤が描いています。

お子さんたちに季節感を感じて欲しいという願いを込めて、毎回趣向をこらしています。
今回は、「9月」の文字に一工夫あり。
よーく見ると、何かが見えて…きましたか?


さて、今週末から、第5回教材マスターの集いが始まります。
今回のテーマは「コミュニケーション」
先輩メンバーからの実践報告を参考にして、
たすくの個別支援計画である「カテゴリー10」を作成していきます。

お子さんたちが、地域で生活をしていくためには、地域の支援者の理解が欠かせません。
地域の支援者と協働するためのツールとして、「カテゴリー10」の充実を進めていきましょう。







2016年9月1日木曜日

イベントを活用して、般化のチェックをしよう!

こんにちは。TASUC御成教室の大久保直子です。

9月になりましたね。
今週から、園や学校が始まったお子さんも多いと思います。

御成教室では、8月に特別イベントとして、
「オービイ横浜」という所に行ってきました。

普段車で移動することが多いお子さんも、この日は、公共交通機関を使って移動。
事前に用意した駅名リストを確認しながら、落ち着いて電車に乗ることができました。

館内では、待ち時間も多かったのですが、トークンをもらいながら待つことも練習。
普段の生活やノルディックウオークなどでは使ってましたが、
初めての場所でも活用することができました。

昼食の時間には、目の前で売っていた「たこやき」が食べたい!と猛アピール。
でも、スケジュール帳に入っている週間スケジュールで、
翌日に食べられることを確認して、納得。


そして、帰りのスケジュール(電車の乗り換えと駅名)を確認。
お子さんもシステムを理解しているので、興味深々です。

普段使っている、1日のスケジュール、週間スケジュール、トークン、
「待って」のシステムが、いつもと違う活動でもしっかりと使えていることが
確認できて、貴重な般化のチェックができました。

この日新しく導入した、電車の駅名一覧は、
ご家族が早速、スケジュールに入れて持ち歩けるようにしてくださいました。
必要な情報が網羅されている、オリジナルのスケジュール帳。
ご家族とお子さんの日々の実践から生まれた、宝物ですね。