2018年1月22日月曜日

不器用さを改善するための身体作り 教材マスターの集い第10期のお知らせ

こんにちは。TASUC鎌倉御成教室の大久保直子です。

さて今回は、第10期の教材マスターの集いのお知らせです。

今回のテーマは、「発達障がいのある人の不器用さを改善するための身体づくり」。
当事者が特に困っていると訴えるのは、「感覚処理の問題」と「不器用さによる不全感」についてです。
たすくグループでも、これらの2点について、
日々の療育や週末のノルディック・ウオーククラスをとおして取り組んできました。

改めて不器用さについて、脳科学に基づいた視点から基本的な理論を学び、
感覚・運動アプローチに関する具体的なアイディアについて、皆さんで検討しましょう。







0 件のコメント:

コメントを投稿