2016年5月24日火曜日

行動問題のリスク回避と構造化〜第2回 教材マスターの集いが始まりました〜

こんにちは。TASUC鎌倉御成の大久保直子です。

TASUCでは、全教室で土曜日に、「教材マスターの集い」という研修会を行っています。
「教材マスターの集い」は、お子さんの今と将来の生活に必要な
「共創」のための「仲間づくり」の場を重視しています。
たすくメンバーや多くの支援者が集い、共に語らう場にしていきたいと思っています。

さて、5月21日(土)からは、第2回の教材マスターの集いが始まりました。
今回のテーマは、
「困った行動を出し合って、予防と対策、対症方法を共有しよう!」です。

行動問題が起こる原因と、構造化を基本とした対応方法について学び、
ワークショップをとおして、行動問題のリスクを回避するために実施している
アイディアを皆さんで共有しあいました。

家庭での構造化については、他の家庭での実践を伺う機会が少ないので、
メンバーの皆さんも興味津々。
たくさんのアイディアが集まり、お子さんの構造化について、個別の支援計画
(たすくではカテゴリ−10と呼んでいます)を作成する際の参考になりました。

参加されたメンバーの皆さんは、次回の療育時に、
カテゴリー10の構造化のページを完成させましょう!

✳︎各回、同じ内容で、5月28日(土)、6月4日(土)、6月11日(土)にも開催します。
    日付によって場所が異なりますので、ご注意ください。









0 件のコメント:

コメントを投稿