新年度への準備〜学びやすい環境を作るために〜

こんにちは。
たすく鎌倉教室の大久保直子です。

2020年が始まりましたね。今年もよろしくお願いします。
今年は、1月5日の凧上げ からスタート。












今週で、ほぼ全メンバーの療育が一巡。
親御さんやお子さんと、冬休みの目標と評価を確認し、
今後の目標を検討したところです。

これから3月までの期間は、新年度に向けての準備期間。
まずは、たすくの療育の根幹である、
J☆sKeps(学習を支える学び)を再評価。
できている所を確認するとともに、伸び悩んでいる所を見つけます。












そして、J☆sKepsの目標を達成するために、
機能的な目標の中から、取り組む内容に優先順位をつけて、親御さんと療育のやり方を確認していきます。





新年度には、環境が変わるお子さんが、たくさんいます。
だから、新しい支援者が、お子さんのことを理解して、
スムーズに活動や学習に取り組めるように、準備を進めていきます。

例えば、お子さんの特性をわかりやすくまとめた資料を作ったり。
三種の神器である、スケジュールやコミュニケーション、
タスク・オーガナイゼーションのツールを見直したり、
支援者が変わっても使いこなせるか再検討をしたり。
新年度に不安が残る事柄については、再度家庭での療育を見直したり。

このようなことを繰り返し、親御さん自身も、
周囲の支援者にお子さんのことを伝え、
学びやすい環境を作るための技術を学んでいきます。


<ずっと一緒だよ たすく鎌倉>

ずっと一緒だよ!一貫性と継続性のある支援を!


TASUC(Total Approach Support Union for Challenged children and their families )は、
発達障がいのある子どもたち(チャレンジド)と家族のために、
一貫性と継続性のある支援体制の構築に向けた
課題への取り組みに寄り添う専門家集団です。
一人ひとりのお子様に応じて理解し,それぞれに最適な療育方法をご提案します。

たすくは自閉症,アスペルガー,ADHD,LD(学習障害)など
幅広い発達障害の療育に携わり,10年の歴史がある療育専門機関です。

私たちは,1年に一度,ご家族とスタッフが一堂に会するアセスメント を軸として,
ともに未来に向けた療育プログラムを作成し,ご提案いたします。


お子様とご家族が困っていることに寄り添い,
一つひとつスモールステップを踏みながら,
一貫性と継続性のある支援を一生涯をとおして行っていく基盤をご用意しています。






ボタンをクリックするとたすくのWebサイトにジャンプします
たすく鎌倉教室では、個別相談会や勉強会などを開催中です!
詳細はたすく鎌倉教室の紹介ページをご覧ください。

【アクセス】
住所:〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町10番4号 B棟2F
(鎌倉駅西口を出て、御成通り方向へ徒歩2分)

人気の投稿

ライフステージ・将来を見据えて 〜今、何を為すべきか. 先輩母から学ぶこと

就労そして自立した生活を見据えて、再構造化する

夏休みに、生活のルーティンを再考するための作戦